ぼくの最高速度(´⊙ω⊙`) @kahonyun

美味しいものと家族を愛すエンジニャー。最近ママになりました。何でも書きます。

Tiのsampleを編集してそのままレポジトリを作った話(矢印多めでお送りします)

Titanium STUDIOのDevelopからRSSのsampleをDLしますた

リネームして自分のアプリ仕様に編集

githubにリポジトリ作成

error: unpack failed: index-pack abnormal exit ←イマココ!

stackoverflowでも同問題が質問されてますね。
githubに聞け!っていうお答えのようですが(:3っ)∋
http://stackoverflow.com/questions/13963527/github-push-error-unpack-failed-index-pack-abnormal-exit


まあForkしてないわけで。←
そりゃgithubさまから怒られるわけですね。←←
でもどうにかなると思って、そのまま編集しましたがやっぱりどうにかなりました。
結果から言うと、.gitリポジトリを消してpushしました。


↓という訳で回避したコマンド覚え書き↓

*元リポジトリ
https://github.com/appcelerator-developer-relations/Sample.RSS

◆まずは本当にgit管理下にあるか確認
sampleリポジトリ直下で

git remote -v

出力でこんな感じに存在してたら管理下にあります。

origin	git://github.com/appcelerator-developer-relations/Sample.RSS.git (fetch)
origin	git://github.com/appcelerator-developer-relations/Sample.RSS.git (push)

*メモ********************
「origin」・・・remote name
「git://github~」・・・repository name
***********************

(↑ってやらなくても、.gitリポジトリがあるか確認すればいいんだけどね!)

◆存在を確認したら容赦なく.gitリポジトリを消す(良い子はcpしとくらしい)

rm -rf .git/

◆後はgithubさんの指示通りにcommitしてpush

git init
git add .
git commit -m "コミットメッセージ"
git remote add origin git@github.com:ユーザー/ディレクトリ名.git
git push -u origin master
git remote -v

出力結果

origin	git@github.com:ユーザー名/リポジトリ名.git (fetch)
origin	git@github.com:kahonyuun/リポジトリ名.git (push)

これでおk!


◆失敗例
リモートレポジトリを消してローカルレポジトリをpushしようとして、
git push に-fつけても
f:id:kahonyuun:20130629191213j:plain

て感じでーしたorz



*メモ******

git commit -av
  • aはallの意らしい。

*********