ぼくの最高速度(´⊙ω⊙`) @kahonyun

美味しいものと家族を愛すエンジニャー。最近ママになりました。何でも書きます。

Titaniumでsimulatorを起動しようとしたらiOSのversionを6.0にしろと怒られました

┌(┌ ^o^)┐<iOSをアプデした時の覚え書き。

 

件を実行した以下のエラーメッセージが表示されました。

[ERROR] Invalid --ios-version value '6.0'

Accepted values:

 

iOS6.0にアップデートして、Titanium STUDIOからシミュレーターを起動するには一般的に以下の手順を踏みます。

 

==========

Xcodeを最新バージョンにする。(iOS・SDKも最新バージョンに)

Titanium が参照するSDKの場所をXcode4.5.2に準じた場所に変えてあげる

==========

 

これだけなんですが私の場合、まずXcodeが最新バージョンの4.5.2をインストールしてあったものの、アプリケーションフォルダに紐づいてたのは旧バージョンの4.2だったのでちょっと時間かかりました。w

時間を喰ってしまった失敗点を最初に書くと、Xcodeのメニューバー[View⇒Version Editor]からいろいろなiOSシミュレータのバージョンをインストールできるので、うっかりここからインストールするものだと思い込んでいたことです。

 

正しくは、iOS6.0&SDKはXcode4.5.2に内包(この表現の仕方はおかしいかも)されているので、Xcodeをアップデートすれば自動的にiOS6.0もインストールされます。

 

以下実行した流れメモです。=============

 

Xcode

紛らわしいので、Xcodeの旧バージョン(4.2)を先に消しました。

4.2の方は以下のコマンドを入力でアンインストール。

$sudo /Developer/Library/uninstall-devtools –-mode=all

 

◆Titanium STUDIO

Titanium STUDIOの[Preferences]→[Titanium]でiOS SDK HomeのPathを確認すると、Xcode4.2の場所が指定されていました。(SDK Home: /Developer/Platforms/iPhoneOS.platform/Developer/SDKs/)

 

これを現在のXcodeでPathります。(よいプログラマの方はこんな日本語使っちゃダメれす^p^)

この作業はTitaniumからはできません。

Terminalで最新バージョンのXcodeの場所をPathると変更できます。

 

*ちなみに以下コマンドで現在のXcodeのPathが見れるので確認できます。

$sudo xcode-select -print-path

恐らくPreferencesで指定されてる場所が表示結果なはず。

 

次にSwitchで最新XcodeのPathを通します。

$ sudo xcode-select -switch /Applications/Xcode.app/Contents/Developer/

 

あとはTitaniumを再起動すれば変更が適用されます。

┌(┌ ^o^)┐<やったね!